彼が知らなかったので、日本人が降伏した後、戦後第二次世界大戦29年を続けた日本人兵士

彼が知らなかったので、日本人が降伏した後、戦後第二次世界大戦29年を続けた日本人兵士

今日、私は戦争が終わったことを知らなかったので、日本人が降伏してから29年間、第二次世界大戦と戦っていた日本の兵士について知りました。

小野田裕夫は元々中国の商社で働いていた日本人です。彼は20歳の時、日本軍に加わるように呼びかけられました。彼は速やかに仕事をやめ、日本でのトレーニングに向かった。訓練のある時点で、彼は帝国陸軍情報諜報官として中野派に訓練されることに決められた。この特殊な軍事情報訓練では、彼は具体的に知性を収集する方法とゲリラ戦を行う方法を教えられました。彼は敵の背後に入るように手入れされ、日本の敵に悲惨な生活をさせ、その過程で知性を集めるために小さな兵士のポケットを残していた。

1944年12月26日、小野田はフィリピンのルバン島に送られました。彼の指揮官である谷口義美大佐からの命令は単純だった。

あなたは自分の手で絶対に死ぬことを禁じられています。 3年かかるかもしれませんが、5日かかるかもしれませんが、何が起こっても、私たちはあなたのために戻ってきます。それまでは、一人の兵士しかいない限り、引き続き彼を導く必要があります。あなたはココナッツに住んでいなければならないかもしれません。その場合、ココナッツに住んでください!決してあなたは自発的にあなたの人生をあきらめない。

大野田はすでに島にいる日本人兵士と結びついていたが、島にすでにある他の役人が港と飛行場を破壊するために与えられた命令の一部を履行するのを拒否した時、島は敵軍によって蹂躙された。もの。 1945年2月28日に連合軍が島を征服しやすくなりました。島が征服された直後、残りの日本人兵士は3〜4人の小グループに分割され、ジャングルに向かった。

これらの小グループのほとんどはすぐに殺されました。小野田氏のグループではあるが、赤松雄一、島田宗夫、小塚欽一はそうではなかった。彼らは食糧、弾薬などの食糧を厳格に配給しながら、敵軍を最善の方法で搾取するためにゲリラ戦術を続けました。バナナ、ココナッツ、その他の食糧をジャングルから補うだけでなく、地元の襲撃彼らはそれを管理することができたときに農場。

1945年10月、別の細胞が地元の農場から餌を食べて牛を殺した後、彼らは地元の島民からのリーフレットを見て、「戦争は8月15日に終わった。山から降りてくる!」少数の残っている細胞はこのパンフレットを幅広く討論したが、最終的には連合国のプロパガンダであることを決めて、自分たちに与えるようにした。彼らは、配備されてから日本がすごく失われてしまう可能性はないと感じました。確かに、これは、広島と長崎に落とされた原爆について全く知らなかった人にとっては奇妙に思えるでしょう。また、数日前に別の細胞が発射された。彼らは戦争が終わってもこれが起こらなかったと感じました。

最終的に、同じ年の終わり近くに、地元の島民が撃たれ、襲撃されて、Boeing B-17がジャングルのいたるところに小葉を落としました。これらの小冊子は、山下将軍から降伏するよう命じられました。残った少数の細胞は、これらの小冊子を再度精査して真正性を判断しようとしました。結局のところ、彼らが日本に送り返される方法に関するリーフレットの文言は、それらに魚のように思われた。なぜなら、日本が失ったかのように見せかけることができなかったように見せかけることができず、戦争を受け入れる意思の大きな問題となっていたからです。日本が勝ったら、彼らは来て、彼らを得るだろう。日本は負けることができないので、戦争はまだ続いているはずです。だから彼らは再び、連合国が彼らの成功したゲリラ戦術にもっと疲れて、彼らを降伏させようとしていると信じていた。

これがうまくいかなかったとき、日本からの新聞でより多くの小冊子が落とされた。兵士家族からの写真や手紙。代表者は日本から送られ、ジャングルを通って、兵士に自分自身を与えるように頼んだスピーカーに話しかけた。どのような場合でも、細胞が遭遇した場合、連合軍による精巧な欺瞞であると信じさせるために行われた方法について、いつも心に疑わしいものがあった。

これらの4人の兵士が絶え間なく敵を嫌う義務を果たし続け、可能な限り最善の諜報を収集し続けながら、数年はジャングルで過ごしました。ある時点で、彼らが見たほとんどの人が民間衣服を身に着けていた時、彼らはまた、同盟軍から日本のゲリラ兵士を安心して虚偽の安心感に変えようとしていると考え始めた。彼らはすぐにこれらの "民間人"に解雇されるたびに検索隊が捜索に到着するという事実を考慮した。時間がたつにつれて、彼らは徐々に彼らの孤独が自分たちの心をひねり、誰もが敵であると思うようになりました。彼らは時折来て、彼らを見つけて家に帰ることもあります。 これらのことは、ジャングルの安全から離れようと誘拐された日本人捕虜だった。

最終的に、ジャングルで約5年後、赤津は降伏すると決めたが、他の3人の兵士には言わなかった。だから、1949年に彼は他の人から離れました。ジャングルで6ヶ月も過ぎても、連合軍であると思ったものにうまく降伏することができました。このイベントのために、小野田の細胞はさらに慎重になり、アカッツが安全保障上の脅威として去ったと見なして、より深く隠され、リスクを減らしました。 "もし捕まえられればどうなる?"彼らは思った。

約5年後、小グループのもうひとつ、島田はGontinの海岸での戦いで殺害された。今では小野田と小塚の2人しかいませんでした。

約17年以上の間、2人はジャングルに住んでいました。彼らは可能な限り情報を収集し、危険を冒すことができる「敵軍」を攻撃しました。彼らは、最終的には日本がより多くの軍隊を派遣し、ゲリラ戦でこれらの軍隊を訓練し、彼らが島を再奪取するために集めた情報を使用すると確信していた。結局のところ、彼らの命令は、彼らの司令官が来て、彼らを得て、彼らの指揮官が何をしてもそうすることを約束するまで、彼らがしたように置いて行っていた。

1972年10月、フィリピンのパトロールとの戦いで、小塚を隠して27年後に死亡した。日本人は長いこと彼がすでに死んだと思っていた、彼らはジャングルで長生きすることができなかったと思った。しかし、今では彼らが体を持っていたときに、彼は死んだと宣言されていたにもかかわらず、おそらくOnodaもまだ生きていたと考え始めました。

その後、日本人は、ジャングルで小野田を探し出そうとする探偵団を送りました。残念なことに、彼は27年間の練習で隠れることができませんでした。彼らは彼を見つけることができませんでした。小野田は任務を続けました。

最後に、1974年に大学生ナリオ・スズキが世界を旅することに決めました。旅に出すべきことのリストの中には、「小野田、パンダ、そして痛ましい雪だるま」がありました。彼は島に行き、オノダの兆候を探してジャングルをたどった。衝撃的に言えば、文字通り過去何十年もの間に数千人が失敗してしまったスズキは成功しました。彼は小野田の住居と小野田自身を見つけた。

彼はその後、小野田に彼と一緒に帰ってくるよう説得しようとした。小野田は拒否した。彼の指揮官は、何があっても彼のために戻ると言いました。彼は戻ってくるまで戦争が終わったと信じたり信じたりしない。この時点で、彼は単に家に帰ることは許されていないでしょう。彼は降伏して敵の慈悲に身を投じることが求められます。長年にわたり、彼は自分が習得したゲリラ戦術を使用するにはあまりにも成功しました。 30人のフィリピン人を殺して100人以上の人を傷つけ、30年近くにわたり様々な作物などを破壊している。

スズキはその後、小野田を発見したというニュースで日本に戻った。今は引退して書店で働いていた谷口大将は、島と小野田に戻って、日本が戦争を失ったことを伝え、彼は武器をあきらめてフィリピン人に降伏させた。

日本を助けてくれる彼の義務だと思っていたジャングルに住んだら、今は29年の人生を無駄にし、無実の民間人を殺し負傷させてしまった。

我々は本当に戦争を失った!彼らはどうしてそんなに不調だったでしょうか?

突然すべてが黒くなった。嵐が私の中で激怒した。私はここで途方もなく緊張して慎重だったために馬鹿だと感じました。それより悪いこと、私は何年もの間何をしていたのですか?

徐々に嵐が沈静化し、私は本当に理解しました。日本軍のゲリラ戦闘機としての私の30年は突然終了しました。これは終わりだった。

私はライフルのボルトを引っ張って弾を下ろした。 。 。 。

私はいつも私と一緒に運んできたパックを取り除き、その上に銃を置いた。私はこのライフルのためにこれ以上使用する必要はありませんか?それとも、私が岩の隙間に隠した小塚のライフル? 30年前に戦争が本当に終わったのでしょうか?それがあれば、島田と小塚は何のために死んだのですか?起こっていたことが真実なら、もし私が彼らと一緒に亡くなったのであれば、それはよかったでしょうか?

1975年3月10日、大野田は52歳で全身制服を着ていたが、なんとかしっかりと守られ、ジャングルから行進し、武士の剣をフィリピンのフェルディナンド・マルコス大統領に降伏させた。フィリピンでは非常に不評だったが、日本では非常に人気のあるマルコスは、大野田が戦争中だと思っていたことを踏まえて、小野田を犯罪として赦免した。

さて、結局のところ、私たちは、小野田を愚か者、さらに悪いことに、無実の人々の殺人とみなすかもしれない。結局のところ、彼はそれらのものの両方だった、それを否定することはありません。しかし、同時に、厳しい信念に囚われ、すべてを自分たちが正しいものと考えることを成し遂げるすべての人に終わらず、結局のところ、彼らはうまくいくように努力するか、あるいは良いことになる。これは、誰かが驚くべき何かをして、彼の国と彼の義務に徹底的な献身を示し、多くの歴史に匹敵しない強靭さを示したケースの1つです。

状況が異なっていて、戦争が本当に長年にわたって行われていた場合、戦いの両側から兵士と人々は彼の勇気と献身のために彼を尊敬していただろう。その点で彼はもっと英雄だった。しかし、世界は彼の考え方ではなく、結局のところ、振り返ってみると、彼は他の何よりもばかだ。 しかし、それと同時に、これは、他人がほとんどできなかった何かをすることに関して何か素晴らしいことをした人であるということを無視することはできません。彼が思った通りに状況があった、彼がしたことは賞賛されるべきものだった。彼は直面していた(彼が思ったこと)はあらゆる場所で死亡し、30年間極端な状況で彼の国のために戦っていた。それは尊重されるべきです。それはまったく同じことをすることができ、決して全くまたは決して決してできない稀な人です。大野氏がジャングルでほぼ30年間直面していたものよりも桁違いの逆境に直面したとき、私たちの大部分がいつもやっているように、決して簡単な方法を取ることはありません。

ボーナスオノダの事実:

  • 小野田が帰国したとき、彼は英雄として見られた。彼は過去30年間の給料も与えられました。日本の人生は彼が覚えていたものとはまったく違っていました。愛国心のような彼が大切にしてきた伝統的な日本の美徳の多くは、文化にはほとんど存在しなかった。確かに彼の見解では、日本は現在、世界の他国に牛を牽引し、自負と自覚を失いました。そこで彼はブラジルに移り、そこで牧場を買って結局結婚しました。
  • 小野田は自伝を発表しました。「降伏しない、私の30年戦争」ではゲリラ戦闘機としての彼の人生を詳述しています。
  • 1980年に両親を殺した日本のティーンエイジャーについて読んだ後、小野田は自分の国と日本の若者の状態にさらに悩まされました。その後、1984年に帰国し、若者のための自然学校を設立し、様々な生存技術を教え、より独立した日本人であることを教えることができました。
  • 1996年5月、彼は30年間住んでいた島にフィリピンに戻り、10,000ドルを地元の学校に寄付しました。あなたが想像しているように、彼は寄付にもかかわらず、そこの地元民にあまり人気がありません。

ボーナスOnoda引用:

  • 男性は決して諦めてはいけません。私は決してしません。私は失うことが嫌いです。
  • 男性は女性と競争すべきではありません。彼らがそうするなら、人はいつも失うでしょう。それは、女性がより多くの持久力を持っているからです。私の母はそれを言った、そして彼女はとても正しかった。
  • 1つは常に市民的でなければならない。毎日30分、私は自分の国に奉仕しました。私はそれが個人として私にとって良いか悪いのか疑問に思ったことはありません。
  • 親はより多くの独立した子どもを育てるべきです。私は1980年代にブラジルに住んでいたとき、大学入試に失敗した19歳の日本人男性が両親を殺したことを読む。私は唖然とした。なぜ彼は外出する代わりに両親を殺したのですか?彼は十分な自信がなかったと思う。私はこれが、日本人があまりに弱くなってきたサインだと思った。私は子供たちにもっと力を与えるために自然学校を設立するために日本に戻って行くことに決めました。
  • 親は彼らの子供の前で死ぬはずであることを覚えておくべきです。誰も後で彼らを助けることはないので、両親が子供に与える最大の贈り物は独立です。
  • 決して不平を言う。私がしたとき、母は私の人生が好きでなければ、あきらめて死ぬことができると言った。彼女は、私が彼女の中にいるとき、私が生まれたかったので、彼女は私を配達し、私に母乳を掛け、私のおむつを交換したことを彼女に告げた。彼女は私が勇敢でなければならないと言った。

小野裕郎

コメントを残します