金輪十三蔵の1912年オリンピックマラソンの好奇心

金輪十三蔵の1912年オリンピックマラソンの好奇心

オリンピックの陸上競技大会では、歴史は最も速く走った人を覚えているだけで、一番遠くに飛び降りて仲間よりも自分自身を押し上げていました。 1912年にスタートしたレースを終えるのに54年以上を費やし、オリンピックマラソンの最年少選手の公式時間が最悪のことを思い知らされていることから、このルールの例外である。

西洋では主にオリンピック記録で知られていたが、日本では、日本のマラソンの父親とも言われる最高級のアスリートの一人と言われている。事実、カナークリは、1912年にストックホルムのオリンピックに参戦し、前年の予選ラウンドで世界記録を樹立した後、マラソンに勝つことを好きな選手だった2:32:45 (これは本当の世界記録であったかどうかは、カナカリの距離が公式に測定されなかったことで議論されていたが、記録に必要な26.2の代わりに25マイルしか走らなかったといくつかは信じられていた。 1912年のオリンピックが回った時に知られ、確立されました。)

その年にオリンピックで競り合うために日本が送った唯一の2人の選手の1人(スプリンター、三島弥彦、チームメイトと一緒にカナークリに多くのプレッシャーがかけられ、オリンピックで競う

伝えられるところによれば、スウェーデンへの旅はボートと鉄道の両方でおよそ2週間かけて信じられないほどの努力を要した。スキルを失いたくないという理由で、ガナクルとチームメイトは、ボートの周りを無限に走り、後でレールで移動し、停止するたびに列車の周りをジョギングすることで、形を保っていたと伝えられています。

残念なことに、日本のオリンピックデュオがスウェーデンに到着したとき、男性の1人が病気になりましたが、生存記録からかなくりか三島かは分かりません。かなくりと一緒に地元の料理もうまく座れず、レース前の準備をさらに妨げていました。

マラソンの日が到来したとき、ストックホルムの天候は、32℃(およそ90°F)であった。気象が理想よりも劣っているということを超えて、かわくりは、伝統的な日本の衣服であるタブー(tabi)を使いました。彼は大まかなキャンバスでこれらの靴を補強しようとしましたが、マラソンの道を通って散らばった砂利や砂利から足を保護することは効果がありませんでした。

かなくりのもう一つの問題は、現代の基準による非定常的な走行方法であると言えるでしょう。あなたが走っている間、カナークリは一般に、発汗が人をより疲れさせるという広範な信念のために、液体を飲むことから棄権しました。これは奇妙に思えるかもしれませんが、それは少なくとも何か飲んでおらず、ストリキニーネを少量摂取するという、他のマラソンの練習の改善でもありました...

いずれにしても、ヒートソーと一緒に飲むことの欠如は、中途半端な辺りでの熱中症から脱出する。

金楽によれば、この周りには、裕福な銀行家の別荘で開かれたガーデンパーティーで、オレンジジュースを飲んでいるとスパイした後、ホストと一緒に飲み物を取ることに決めました。約1時間の復活の後、カナグリはレースを奪われ、ストックホルムへ向かう電車に乗って日本に帰るまで、ホテルに泊まった。日本に帰ってきて、彼は別荘に戻ってきてくれてありがとうと言って、金かりは銀行員に謎の箱を送って、日本の文章で覆われたスクロールで家族のための貴重な記念碑となった。 (ボーナス事実のセクションのそれ以上)。

今ではカナークリ選手は、その日のマラソンで競う69人のランナーの半数以上が熱で終わらなくなってしまった。ポルトガル人ランナーFranciscoLázaroは、体温が42.1℃(107.8°F)というフィニッシュラインから8キロも無意識のうちに落ちたため、死亡した。彼は決して意識を回復せず、翌朝亡くなりました。彼は日焼けを助けるために彼の体をワックスで覆ったことが後に明らかになった。残念なことに、彼はまた彼が適切に発汗するのを妨げ、彼の死に貢献した。

かなくりについては、撤退を余儀なくされたことを恥ずかしく思っていたが、退場したレース当局には決して帰らなかった。このように、多くのレーサーが亡くなり、最終的に死亡したことを知り、カナークリが危険にさらされている可能性があると心配し、スウェーデンの警察に彼が無益に捜索していたことを報告した。

1920年のオリンピック、1924年のオリンピック(彼は1916年のオリンピックにも出場することになっていたが、WW1は途中にある)で競技に参加したにもかかわらず、 。

彼の母国日本では、1912年のカナッリの失敗はメディアによって批判され、カナークリ自身は彼が日記の中で自分自身のことを恥じていると書いた。しかし、若干の準備をして世界最高レベルと同じレベルで競争することさえできるという若いアスリートの称賛を受けて、ある程度の報道がより有利でした。 (彼はマラソンを走ったときにわずか20歳で、1年未満の訓練を受けていた)。

この初期の挫折にもかかわらず、長距離走の歴史の中では、長野県内のスポーツに長年愛されてきた大学生の中継レース「東京箱根ラウンドトリップカレッジ駅伝」が、彼は「日本のマラソンの父」と称されていました。 1924年にスポーツから退いた後、金倉は地理学の先生になりました。

1912年のオリンピックでのカナッカリのパフォーマンスは、スウェーデンの都市伝説のようになり、ストックホルムの「マラソンの不足」として知られるようになったことから、忘れ去られた可能性が高い。

1962年、スウェーデンのジャーナリストは、カナークリが非常に生きていたことを知りました。

5年後の1967年、メキシコの1968年のオリンピックにスウェーデンの選手を送る資金を調達するのを手伝っていたビジネスマンのグループの中に、カナークリの名前が浮上しました。彼らは新しいアイデアを孵化させました。なぜなら、カナークリィは、世界のメディアの前でマラソンを「仕上げ」して、何らかの無料の宣伝をしてスポンサーをその原因に引きつけるのではないのですか?

1912年のオリンピックの55周年を記念してスウェーデンに招かれていたカンクリ氏は、何が起きているのか知りたければ訪問しないことになった。

それは、カナークリがスウェーデンに到着したときだけであった。職員は、何年も前に消えてしまった伝説の啓蒙と伝承の程度を彼に知らせた(頬のバージョンのいくつかの舌は、カナークリがまだ50年後彼は最初のチェックポイントを逃したので)。

全力を尽くして、金久利はカメラでレースを終えることに同意した、と伝えられるところでは、76歳で最後の100メートルを走らせる運動的な不屈の精神を持っている。

スウェーデンオリンピック委員会の代表者たちは、公式の終了時間を54年、8ヶ月、6日、5時間、32分、20.3秒という集まったプレスに読み上げると、カナークリ氏は、世界最速のマラソンを記録しています。一時的に考えて、高齢者アスリートはマイクにシャッフルして言った:

それは長い旅でした。途中、私は結婚し、6人の子供と10人の孫がいました。

金山は92歳で1983年に亡くなりました。長距離走スポーツへの貢献を賞賛して、彼が始めた前述のリレーの大賞は彼の名前を冠したものです。

ボーナスファクト:

  • 彼は1967年にスウェーデンに戻ったばかりで、50年以上前に終わった別荘を再訪し、ホストの息子と一緒にオレンジジュースを飲んだ。二人はおしゃべりしていたが、息子はかなくりに家族の誰もが日本語を読むことができないので、父親に送った箱に何が入っているのかを聞いた。 Kanakuriは、彼が周囲に横たわっていた古い習慣の形態だったと彼女は気をつけて答えた。

コメントを残します