この歴史の日:3月25日

この歴史の日:3月25日

今日の歴史:1931年3月25日

1931年3月25日に、大恐慌時の仕事を求めて黒人と白人の若者のグループが貨物列車に乗って「ホーボー」した。若者たちの間には異端があり、白い子供たちは電車から離れることになった。

白人の若者たちは、地元の保安官にこの「暴行」を報告した。警官は次の停留所で列車に出向いて黒人ティーンエージャーを逮捕する。彼らは列車を捜しているうちに、黒人の青年を強姦したと非難した2人の若い白人女性にも起こった。実際には、少女たちは少年カップルとセックスをしていて、見つけられるのを恐れて、黒人の子供たちが性的暴行を受けたという話を作り出しました。女の子の一人、Ruby Batesは、女の子が黒人の若者によって何らかの形でレイプされたり、嫌がらせを受けたかどうか尋ねられた後、後で証言しました。

いいえ。私はビクトリアのように言いました。なぜなら、男性と州境を越えて話を構成しなければ、刑務所にいなければならない可能性があるからです。ビクトリア州では、アラバマ州のすべての黒人が刑務所に収容されたかどうかは気にしていない」と述べた。

9人の若い被告の裁判がアラバマ州スコッツボロで行われました。全員が白人の陪審によって有罪判決を受け、12歳の最年少の被告人を除いて、すべてがアラバマ州の白人女性を強姦した黒人男性に対する標準処罰である死刑判決を受けた。

判決の発表は北からの怒りを誘発した。共産党米国はこの事件を処理し始め、1932年に最高裁判所は被告が資本事件で十分な法的表現を否定されたという理由で判決を覆した。

被告人のひとり、ヘイウッド・パターソンは、アラバマ州によって新たな裁判を受けたが、最終結果は以前と同じだった。しかし今回は、裁判官のジェイムス・ホートンが、パターソンが告発された犯罪を犯したとは信じていないので、この判決を棄却することにした。彼の良心に従うという決定は、次の選挙で裁判官に任された。

被告クラレンス・ノリスはまた再審理され、再び死刑判決を受けたが、再び最高裁判所は1935年に判決を覆し、黒人が陪審に就くことを排除されたと指摘した。

アラバマ州はヘイウッド・パターソンを3度目の審理にかけ、有罪判決を受け、75年の懲役刑を宣告した。最終的に常識が広がり、最年少の4人の被告が解放され、Pattersonを除いて他のすべての被告人が後に刑を言い渡されるまで、被告人の再審のように見えるループが繰り返され、再有罪判決と必然的な控訴が起こった。パターソンは1948年に刑務所から脱出し、3年後に過失致死罪で有罪判決を受けた。彼は刑務所で死んだ。

彼が1946年に家に帰った後、クラレンス・ノリスは最後に生き残ったメンバーであり、アラバマ州知事は1976年に彼に完全な恩赦を与えた。

コメントを残します