ディーン・マーティンがショットを呼んだとき

ディーン・マーティンがショットを呼んだとき

世界的に有名な歌手ディーンの息子であるリッチ・マーティンは、1964年の初めの数ヶ月の間に他のほとんどのティーンエイジャーと同じようになった。リッチはビートルズに完全に夢中だった。数ヶ月前にビートルズがアメリカに到着して以来、彼らは十代の若者をはるかに魅了し、全国を暴風雨に巻き込んだ。彼らはテレビで出演していた彼らの新しい映画「A Hard Day's Night」は大ヒットし、その曲は大陸のすべてのラジオから爆発していた。レコード: "彼女はあなたを愛している"、 "私はあなたの手を保持したい"、 "Please Please Me"、et al。必然的にレコードチャートで第1位に浮上した。そして、今は1964年の8月で、彼らの華麗な最初の映画「A Hard Day's Night」の主題歌は、チャートの上に明るく座っていました。

そして、数ヶ月前、リッチー・マーティンは「ビートルズ・ザ・ビートルズ」と「ビートルズ・ザ・ビートルズ」と「ビートルズ・ビートルズ」について絶賛していました。ロック・アンド・ロールのファンではなく、ステージ、スクリーン、テレビ、ラス・ベガス、そしてレコード界のスター、ディーン・マーティンはいつか疲れてしまった。そして、ムハンマド・アリが自信を持ってリッチに語った。 "私はチャートからあなたのパイズリをノックするつもりです。"

ディーノが6年間でヒットしなかったことを考えると、これは特に大胆でした。そして、男に来て、これらの人はビートルズだった!

1962年、ディーン・マーティンは親友のフランク・シナトラ(Frank Sinatra)が所有する会社、リーズ・レコード(Reprise Records)とレコード契約を結んだ。 1963年、RepriseはA&R部門にJimmy Bowdenという男に署名しました。 BowdenはDean Martinと一緒にアルバムを録音したいと思っていました。ディーンはいつも楽しい男ですが、ボウデンと仕事をすることに同意しました。しかし、ディーンは、ソフトでムーディーなラスベガス型の曲のアルバムを録音したかった。それは典型的な "ディーンマーティンのアルバム"だった - スローバラードとドロッピーの目の詰まった歌手が歌うラブソング。

アルバムは最終的に「Dean with Dream」と呼ばれた。レコーディングスタジオは、録音中にテーマの適切な雰囲気を作り出すために不安定な光の中に設置されました。彼らは小さなバンドを集め、Dinoは素早くスムーズにアルバムの最初の11曲を録音しました。

彼はちょうど嫌いだった。それは何十年もの間、 "Everybody Loves Somebody Something"と呼ばれていた古い歌でした。ディーンは数字を録音するためにはめ込まなければならなかったが、何とかしてから彼はついに合意した。この曲はすでにFrank Sinatra、Peggy Lee、Dinah Washingtonのようないくつかのアーティストによって録音されていた。この曲はどこにも行かず、記録の歴史の中で小さくて些細で素早く忘れ去られた数であるように思えた。しかし、「Everybody Loves Somebody Sometime」は、Deanの親友でピアノ曲のKen Laneによって書かれています。この要因は、彼が立つことができなかった曲をディーンが録音して、何人かの追加のロイヤルティを手に入れるのに役立つと考えられます。

ディーンのアルバムが出てきたとき、その曲はほとんど気づかれず、騒がしくない。しかし、1964年の初め、ディーンは再びシングルをシングルとして録音しました。ディーンがテンポを少し速くしてより現代的なサウンドを加えるという新しい取り決めが与えられました。

最初は、もう一度、曲はどこにもなく、Repriseはそれを促進するのを止めることに決めました。しかし、ニューオーリンズとウォルチェスター、マサチューセッツ州のラジオ局はそれを続けた。そこから他の駅まで広がり、徐々に人気を得ました。

1964年8月15日、彼の懐疑的な息子に自慢していたように、「Everybody Loves Somebody Something」はビートルズを実際にBillboardの "Hot 100"レコードチャートの1位からノックアウトした。言うまでもなく、ディーンはリチー・マーティンによれば、彼の息子に心配していると伝えられています。

そして、ディーン・マーティンは、すべての確率で、彼がビートルズをチャート上の1位からノックアウトして実際にそれを行うことを正しく予測する唯一の有名な人になりました!

"Billboard Top Five Songs" - 1964年8月15日

1.誰もがいつか誰かを愛する - ディーン・マーティン

2.「私たちの愛はどこに行きましたか」 - ザ・シュープリームス

3.「ハード・デイ・ナイト」 - ビートルズ

4.「ラグ人形」 - 四季

5.「ボードウォークの下で」 - ドリフターズ

コメントを残します