12月14日:ライト・ブラザーズがライト・フライヤーを初めて飛ばしてクラッシュしようとした

12月14日:ライト・ブラザーズがライト・フライヤーを初めて飛ばしてクラッシュしようとした

歴史の中のこの日:1903年12月14日

1903年の歴史のこの日、ライト兄弟はライト・フライヤーを最初に飛ばすために出発しました。彼らの最初の試みの日はもっと早い日でしたが、彼らは安息日に飛行しないことを彼らの父に約束していました、そして14日月曜日まで待っていました。この飛行機は数秒間だけ飛んでいた。なぜなら飛行機が空になると直ぐにWilbur Wrightがあまりにも急激に引き上げられたときにすぐに失速したからだ。兄弟はもともとフライヤーを最初にグライダーとしてテストし、それがどのように扱われたのかを感じ取ることを意図していましたが、目に見えるように建設することにかなりの遅れがあったため、すぐに有人の有人航空機として試乗することに決めました。その結果、ウィルバーはエレベーターの感度を過小評価し、エレベーターが急激に上昇してしまい、リフト直後に墜落してしまいました。

3日後、最初の飛行で飛行機に加えられたダメージを修理した後、オルヴィルはコントロールに順番をとり、エレベーターの感度をあまりにも過小評価しましたが、今回は少し成功しました。クラッシュする前の正弦波パターン。しかし、彼の「着陸」の前に、彼は約12秒間飛行機を飛行し、約120フィートの距離を飛行した。

軽度の修理の後、2人は852フィートと59秒に及ぶ一日の最も長い飛行で交代した。残念ながらフライヤーはこのフライトの後に破損し、2人が将来のフライトのために修理できるようになるまで、風が吹き荒れて工事が倒れ、即時修理(それは何年も後に博物館に展示された修理されたものの)に損傷を受けた。

これが実際に最初の有人型飛行機であったかどうかは議論の対象となっています。これ以前の多くの人々は成功したグライダー(Wrightの兄弟を含む)を開発し、有人ではないが成功した動力宇宙船を開発した人もいますし、有人飛行機を作って飛行したと主張する合理的に信頼できる物語がいくつかあります。ライト兄弟自身は、自分の発明についての最初の特許を主張していませんでした。

彼らが最初であろうとなかろうと、Wrightの兄弟の工芸品を他の多くの主張者とは別に設定したのは、彼らの工芸品が動力を与えられ、人を運ぶことができるだけでなく、完全に制御可能であったことでした。さらに、制御用に開発した3軸システムは、今日の飛行機の制御方法とあまり変わりません。彼らが最終的に特許を取得したのはこの「空力制御システム」でした。

最初のフライトでは、フライヤーをまっすぐに飛ばすだけでしたが、高度とターンを制御することを含めて完全に制御することができました。フライヤー1は、ターンをテストする機会を得る前にあまりにもひどく損傷していましたが、フライヤーIIとフライヤーIIIは両方ともこの能力を素晴らしいと実証しました。フライヤーIIは、フライヤーIとデザインが非常に似ていましたが、より強力なモーターを搭載し、さまざまな種類の木材で作られていますが、105回飛行し、兄弟は飛行時間が5分も長く飛行することができました完全な円でフライヤーIIIでは、1905年10月5日にウィルバーがサークルで39分、24マイルの距離を飛んだ1つのフライトを含めて、彼らはさらに良くなった。

興味のある方は、フライヤー1の翼の長さは40フィートです。誰も乗っていない状態で約605ポンドの重さでした。カスタム製作の4気筒12馬力エンジンを搭載。約30mphの最高速度で飛行することができます。

コメントを残します