もともと獲得した走り平均(ERA)は、ピッチ技能を評価するためのものではなかった

もともと獲得した走り平均(ERA)は、ピッチ技能を評価するためのものではなかった

ソースと興味深い野球の事実を知るためにここをクリック

ベースボール・ボックス・スコアの作成者であるヘンリー・チャドウィック(Henry Chadwick)がERA(稼得平均)統計を作成したとき、彼の目標は投手の価値を評価することではなく、打撃スキルに起因するランと守備スキルの欠如。投手の技量は考慮されなかった。これは、当日の投手がボールをボールの真ん中に投げつける傾向があることを考えれば理にかなっている。カーブー球や投手による他の欺瞞のような虚構は、多くの人がその時に不正行為をしていると考えられていました。これは、その日の野球の得点がしばしば1試合当たり30回または40回の試合でスコアを上げた理由の1つです。

コメントを残します