誰が点字を発明したか?

誰が点字を発明したか?

点字は、完全に盲目だったLouis Brailleという19世紀の人によって発明されました。

点字の話は、3歳の時から始まります。彼はフランスのCoupvrayにある父親の店で遊んでいたが、何とか彼の目を傷つけた。彼は当時の最高の医療を提供されていましたが、それだけでは不十分でした。すぐに感染して他の目に広がり、両目で目が見えなくなりました。この事故が起こらなかったために、彼の悲劇が起きたが、今日は点字がありません。

当時は視覚障害者のための読み上げシステムがありました。このシステムは、手紙に沿って指をなぞったものでした。しかし、このシステムは、読書が辛いほど遅く、アルファベットの比較的複雑な文字に触れることによって識別することは困難であることを意味しました。その結果、多くの人々が型押しされた手紙システムを習得するのに苦労しました。

点字教師のAlexandre Francois-Rene Pignier博士は、1821年、Charles Barbierという名の男を、パリのブラインド・ユース国立研究所で若い盲目の学生の教室に招待しました。 Barbierは、ナポレオンが兵士が暗闇の中でさえも音を出さずに使うことができる通信システムを要求した後、隆起した点を使って軍隊のための「夜間書き込み」システムを開発しました。

バルビエのシステムは軍隊にとっては複雑すぎ、拒否された。しかし、それは視覚障害者にとって有益かもしれないと考えられました.Pignier博士はBarbierにそれを実演させるように呼びかけました。

それが立っていたので、Barbierの発明はタッチベースの読み書きのシステムとしてはあまり機能していませんでした(文字と特定の音素を表す6×6ドットマトリックスを使用)。さらに、この大きなドットマトリックスは指先が非常に大きくならない限り、指を動かさずに単一のマトリックス内のすべてのドットを感じることができませんでした。それでも、ブライユはインスピレーションを得て、若いティーンエイジャーとして、実験を始めました。彼は紙、スレート、スタイラスを持って穴を開け、働くものを見つけようとしました。

1825年に点字はちょうど16にすぎませんでしたが、彼は既存の浮彫り文字システムよりも機能的で優れたものにヒットしたと思いました。彼の元のコードは、2つの平行な行に配列された6つのドットで構成され、各行は文字を表しています。この設定は、バルビエのシステムより簡単でしたが、アルファベットと句読点のすべての文字に十分な最大64種類のバリエーションが可能なほど多用途でした。フランス語以外の言語にも簡単に適応できました。最も重要なのは、全体の手紙を辿る必要はなく、点の構成を感じることがずっと簡単で、盲人のための読みをはるかに迅速かつ簡単にできました。

Pignier博士は点字の作業に満足し、生徒に点字の新しいシステムを使用するよう奨励しました。残念ながら、Pignier博士が紹介したとき フランスの歴史 彼の学生のために点字で書かれた、彼は今日の標準的な型押しされた手紙システムよりむしろ点字のシステムを押すことに対する彼の主張のために教頭としての彼の地位から却下された。

それにもかかわらず、点字そのものは、研究所の教師になり、知識を広げ、通過した生徒にコードを教えました。

1834年、点字が20年代半ばにあったとき、彼はその年にパリで開催されていた産業博覧会で点字の使い方を実演するよう招かれ、その人気がさらに高まった。現時点では、点字の使い方についての書籍も出版されていました。それは主に、その使用を証明するために投げ込まれた点字でエンボス文字で書かれていた。

それにもかかわらず、点字作業のための国立青少年研究所は、正式に彼のシステムを採用することを拒否しました。ブラッセルが死亡して2年後、アムステルダムの学校が主な読み書きシステムとして使用し始めてから8年後の1854年になるまでは、ブライユの元の学校は変わったことを圧倒的に要求する学生のため点字を採用した。 19世紀後半までに、点字は1916年まで出ていた米国を除いて、ほとんどの世界で採用されました。

ボーナスの事実:

  • 最近では、英語の視覚障害者のための書籍は、通常、グレード2の点字で書かれています。それは、文字を組み合わせて単語の代わりの文字にするシステムです。例えば、文字「y」は単語「you」を表し、文字「b」は単語「but」を表す。グレード2の点字はいくつかの面で「チャットスピーク」によく似ており、読み書きのしやすさを向上させるためのショートカットが必要です。読む時間が短くて済むだけでなく、点字ブックに使用される紙を節約してスペースを節約できます。
  • 今日では、英語を話す盲目の子供たちは、主にグレード2の点字を教えていますが、グレード1の点字(すべての文字が書かれています)はまだ小学校初期に教えられています。また、非標準的な略語にはグレード3の点字があります。
  • 点字はデカポイント(decapoint)とも呼ばれるシステムを開発した。デカポイント構成は文字に似ていますので、目に見える人が読みやすくなります。彼はデカポイントを書くのをより簡単にするマシンを開発するのにも役立ったので、ドットはスタイラスで手書きする必要はありませんでした。それは "raphigraphe"と呼ばれ、1830年代後半と1840年代初めにPierre-Francois-Victor Foucaultの助けを借りて開発されました。

コメントを残します