自分をミイラにすることは可能です

自分をミイラにすることは可能です

今日私はあなた自身をミイラにすることが可能であることを知りました。

そのような自己ミイラ化の方法の1つは、日本人修学僧が自己拒否の究極の行為として練習したものである。修善堂は、もともと仏教、アニミズム、旧神道、山岳崇拝、道教などの要素を他の宗教に組み込んだ仏教の一形態です。 「修辞堂」自体は、「規律を通して霊的な力への道」の効果をもたらすものである。

スーグンドゥの修道士の人生の頂点は、自発的に自分自身をミミック化することだった。この儀式は約9年間続き、そのうちの6つは生きていました。自己捏造を達成した修道士の報酬は、彼らが仏とみなされ、他の人が見て尊敬する寺院に置かれるはずだったということでした。事件の大部分を占めているように見える失敗した試みは、身体を単に分解させた。

あなたが想像しているように、自分自身をミイラしていることは、ひどく痛いプロセスなので、なぜ成功した人は完全な悟りの状態に達したと考えられたのですか?修道士は、さまざまなナッツや種子以外の食べ物を食べるのをやめ、果物や果実を食べることも許されているという声明を出しています。彼らはまた、重度の身体運動のプログラムを開始するだろう.1000日間続いたこの最初の期間を通して継続する。

次の1000日の間に、修道士は樹皮や様々な根を食べるだけで、食べ物を制限します。また、限られた量の果物や果実を食べることも許可されているという記述もあります。この期間の終わり近くに、彼らは漆木の水溜めから作られた飲み物の定期的なドラフトを飲みました。この樹液の樹液はやや毒性があり、通常は天然のラッカーとして使用されます。飲み物を摂取すると、それを消費する人が頻繁に吐き出され、彼らが食べた甘い食事から栄養素を得る能力がさらに制限された。彼らはまた、嘔吐のために体液を急速に失うだろう。この樹液はまた、防腐剤として作用するミイラ作用の副作用を有する。

セルフミイラ化の最終段階では、僧侶の体は肌や骨のようにはなりません。修道士がこの時点まで生き残ったならば、彼は蓮の姿勢で座っていた石造りの墓に身を包み、彼が死ぬまで移動しない位置にいました。墓には空気管が入っていたので、僧侶は葬られてからしばらくは生きられた。それはまた、僧侶が毎日鳴って墓の外の人に彼がまだ生きていたことを知らせる鐘を含んでいた。

墓にいる間、修道士は蓮の位置に座り、死ぬまで瞑想するでしょう。修道士が死に、毎日鐘を鳴らさなくなったら、呼吸管は取り除かれ、儀式の最後の1000日間、墓が封印されました。この期間の終わりに、墓が開かれて、修道士が自分自身をミイラに入れたかどうかを確認することができます。彼がいた場合、遺体は寺院の中に展示されます。肉体を熟知していることをうまく実証した後、司祭は仏として宣言される。

この慣行は、日本政府によって禁止された19世紀頃まで続いた。考古学者たちは、これらの修道僧の遺体は、最後の1000日後に墓から撤去されることになっていましたが、考古学者は最近、これらの自己捏造修道士のいくつかを発掘しました。体は十分に保存されているとは見られなかったので、単にそれがどこに残っていたのかが分かりました。発見された最新のそのような自己ミイラ化された修道僧は、東京で2010年の7月にあった。

ボーナスの事実:

  • 今日、日本では約二十人の自殺者が見られる。
  • ウルシの樹液にはウルシオールが含まれています。ウルシオールは毒オーク、毒ツタなどです。樹液中のこの物質が水と酸素と接触すると、非常に硬いラッカーを形成します。
  • 明治維新時代、日本の宗教宗派は一度禁止されました。
  • 今日、修苑堂は主に天台宗と真言宗の仏教の宗派によって練習されています。
  • 仏教はSiddhārthaGautamaによって設立されました。SiddhārthaGautamaは、生涯を通じてインドを教えてくれた精神的リーダーです。彼はネパールのルンビニで、紀元前500〜400年頃に生まれたと考えられています。

コメントを残します