句の起源は「魔法のように死んでいる」

句の起源は「魔法のように死んでいる」

クリスマスキャロルチャールズ・ディケンズは、疑惑のあるフレーズについて「死人のように死んでいる」と書いています。

オールドマーリーはドアネイルとして死んでいた。

マインド!私は自分の知識の中で、とりわけドアネイルについて何が死んでいるのかを知っていると言っているわけではありません。私は、貿易の棺の釘を最古の鉄製品の一種とみなしたいと思っていたかもしれません。しかし、私たちの先祖の知恵は偶像にあります。私の不許可の手がそれを妨害してはならない、または国が行うことはできません。したがって、あなたはマーリーがドアネイルとして死んでいたことを強く繰り返してもいいでしょう。

非常に多くの語源と同様に、私たちは棺の釘のようなものではなく、扉の釘がフレーズに使われた理由を正確には知らないが、合理的に優れた推測がある。ドアネイルは長い間ドアを強化するために使用されていました。扉を建てたり据え付けたりする人は、釘をボードのいたるところまで叩いてしまいます。反対側では、彼は釘が「つかまえ」と呼ばれる過程でより安全になるように、それを曲げて、平らな端を平らに叩くことになるでしょう。そうすることで、爪は他の目的では使用できなくなりました。それを取り除くことは難しく、他の場所で再び使用することはさらに困難です。したがって、曲がった爪は一般に「死んでいる」と呼ばれていました(扉だけではなく、爪が曲がって再び使用できない場所でした)。

そのような締め付けが行われた他のケースではなく、なぜ「ドアネイル」であるのかということは、おそらく単純にこれがドアの釘で行われ、フレーズの響きがスティックになってしまったためだと考えられました。例えば「石で死んでしまった」というような言葉は、単に舌を素早く転がすことはありません。

もう一つの説得力の低い起源理論は、ドアノルのサイズ、特にノッカーを固定するもののために、あなたの平均の釘の数倍のハンマーで「頭に当たって」いなければならないということです。それがヒットした回数のために、頭が扉の木にぴったり合ったとき、つまり無生物ではなく生き物だったときには、確かに「死んでいる」でしょう。

いずれにしても、フレーズ自体は古いものです。私たちがこれまでに持っていた最も初期の記録は、ウィリアム・ラングランド(William Langland)です。 Guillaume de Palerne 1350年に英語に

私はドレナイールとして捧げられています。

Langslandは13662年に記録された次の記録を担当しています。今回は詩 Piers Plowmanに関連するウィリアムのビジョン。 古英語からの翻訳:

作品のない信仰は何よりも貧弱であり、死人としては死んでいます。

ご覧のように、普遍的な信念とは違って、William Shakespeareはその言葉をコインにしませんでした。シェイクスピアが彼の演劇とソネットを書いていたのはずっと前だった。バードは、しかし、フレーズを人気にする手を持っていた。それはに現れます ヘンリー6世、パート2、ジャック・ケイドによって話される:

わたしをよく見てください:私はこれらの五日間肉を食べませんでした。しかし、あなたとあなたの五人は来てください。もし私が皆さんをドールネイルのように死んでしまうのでなければ、私は草をもっと食べないかもしれません。

シェイクスピアが使用している他の多くのフレーズと同様に、そのフレーズがステージ上で言われた後、その人気は飛び去った。注目すべきは、何世紀にもわたって信じられないほど人気が​​あり、「ドッドとして死んでいる」や「マッドとして死んでいる」のような他の「死んでいる」フレーズを打ち負かすことです。

ボーナスの事実:

  • "ディケンズのような"というフレーズは、 "ディケンズのような痛い"のように、あなたが想像するかもしれないチャールズ・ディケンズとは何の関係もありません。むしろ、これはシェイクスピアの発明であった ウィンザーのメリー妻たち チャールズ・ディケンズ時代の約1600年前。ディケンズは当初、「悪魔」を意味する誓いをしていた可能性があります。演劇では、「私の夫が彼の名前を知っていることを私は知ることができません。
  • ねじが普及するにつれ、Doornailsはますます少なくなりました。初歩的なネジは1セント 彼らは1770年代まで大量生産され始めていませんでした。スクリューは、反対側に突き出て、叩かれることなくドアを強化することができました。つまり、ドアネイルはまだ時々ドアの装飾として使われています。
  • シェイクスピアは1900までの新しい言葉を思いついたと考えられており、彼は英語の中で最も多作なクリエイターの一人になっています。間違いなく彼の時代のグラマー・ナチスの惨劇は間違いありません。しかし、この見積もりは高い側にある可能性が高い。初期のオックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリで働く人々は、言葉の起源を挙げると、シェイクスピアの引用を優先することで知られています。いくつかのケースでは、比較的新しい単語の新しいエントリが比較的最近に追加されました。例えば、単語 ポケ かつてはシェイクスピアに属していたが、現在は彼の前に周りにいたことが知られている。
  • シェイクスピアは、実際には、多くの単語の最初に知られているユーザーで、彼は接頭辞の扇子だったし、これまでは使わなかった言葉に付け加えた。例には、役に立たない、教育を受けていない、服を脱いでいる、そして非現実的なものと、約300の他のun-wordsが含まれます。彼はまた、不快な言葉に新しい意味を与え、ロックを解除した。シェイクスピアが「ディスプレイ」を意味するのに使われていたのに対し、シェイクスピアはそれを文字の意味で使用していただけです。シェイクスピアはまた、「不快感」のファンでもありました。接尾辞-er andless、私たちのような言葉を与える 揺さぶる そして 大胆な、他の中で。
  • それはルイス・キャロルであり、ドードーをキャラクターとして使用して「ドードーとして死んだ」というフレーズを広めた 不思議の国のアリス。運命の鳥は、1690年に死亡したと考えられています.1662年に最後に知られていた生きている鳥の目撃で知られています(See:Why Dodo Went Extinct)

コメントを残します