加藤曹元と死亡した受取人詐欺

加藤曹元と死亡した受取人詐欺

2010年7月までの数年間、Sogen Kato(1899年7月22日生まれ)は東京で最も古い生きていた人物であると広く信じられていました。しかし、2010年の初めには、福祉関係者の高齢者の訪問を予定していたことが、加藤氏に「誰かを見たくない」と言われた男性の親戚によって反撃されたため、この話はすぐに解明された。

福祉労働者は、法執行機関やカトーの111歳の誕生日に懸念を表明し、警察は自分の家に帰ることを余儀なくされた。

カトーは明らかに長い間死んでしまっていた。彼は本質的にミイラを持っていた。彼のベッドにはパジャマを着て毛布で覆われていたが、カトの親戚は死人は「30年以上前に自分の部屋に閉じ込めて生きている仏になった」と主張した。親戚はまた、「おじいちゃんは非常に恐ろしい男だったので、彼が死んでいたことを知らないと主張しました。だから私たちはドアを開けることができませんでした。

当局はこの事実に疑問を抱いていたが、特にカトの未亡人でさえも6年間死亡したにもかかわらず、家族が引き続きカトーの年金給付を引き受けるという事実を考えれば、その後の娘と孫娘の詐欺裁判で、約950万円(約117,000ドル)を不法に受け取り、約600万円(75,000ドル)を払ったことが判明した。

長年死んでいた加藤氏の発見は、日本の他の100歳者の立場と活力を検証するために全国的な調査を開始し、100歳以上の20万人以上の人々がいまだに生きている - それらのいくつかがどこにあったか決して気にしない。

もちろん、死亡者の利益を受け入れることができるように、死を秘密にしておくことは、日本独自のことではありません。米国では、長年にわたり人事管理室が死者の連邦退職者に10億ドル以上を拠出していると報告されており、農務省は災害援助と農業補助金の形で同様の金額を支払っているもはや存在しなかった人々に内国歳入庁は同様に死者に何億もの払い戻しを提供した。

さらに悪いことに、60分からの2015年の報告書によれば、社会保障庁は いい考えはない 受取人が死亡した後、退職や身分検査の不当な支払い額

警視庁事務局は、最近、バージニア州の社会保障詐欺師のうち2人が死亡した後、祖母の恩恵を死後10年間にわたって収集し続けていたことを報告した。彼女は犯罪で6ヶ月の懲役刑を宣告された。

さらに衝撃的なことに、ペンシルベニアの男性は、死んだ母親の給付チェック 40年間 彼女が死んだ後!連邦告発に罪を問われて、男性は懲役10年、250,000ドルの罰金を科された。

死の助けを借りて欺瞞する人は誰もが故人と関係しているわけではありません。 2013年、オレゴン州の女性は、無許可の大人の家庭で彼女と一緒に住んでいた身体障害者の社会保障給付について、約200,000ドルを引き続き徴収するという4年間の判決を受けた。明らかに、彼女は彼を埋葬し、相対的な財産の上に石灰をかぶって身体を処分した。

そしてさらに別の心温まる話で、クイーンズの息子は、父親の遺体を死体安置所に残したまま、1年以上拘束されずに、父親の社会保障と私的年金給付におよそ2万5千ドルを集めました。彼は6ヶ月の懲役刑を言い渡され、違法に受け取った恩恵にほぼ等しい罰金を科した。

コメントを残します