「第三世界国」という用語は、発展途上国や富ではなく、国の政治経済構造を指す

「第三世界国」という用語は、発展途上国や富ではなく、国の政治経済構造を指す

今日、私は、「第3世界」の国が、ほとんどの人々が考えるように、単に原始的、未発達的、または貧しい国ではないことを発見しました。実際、第三世界の国は、実際には、資本主義国(第一世界)とはみなされず、共産主義国(第二世界)とはみなされない単なる国です。

この用語は、第二次世界大戦直後にもともと造られたもので、「第一次世界」の国々は、多かれ少なかれ共通の政治・経済構造(資本家)を持つ第二次世界大戦後、 「第二世界」諸国はすべて、政治経済構造(共産主義者と社会主義者)の観点から、ソ連とほぼ一致した国であった。 「第3世界」諸国は他の国々に過ぎませんでした。

この "他のすべての人"の意味は、未開発または貧しい国々の非常に多くを意味しました。時間が経つにつれて、これは、「第3世界」は、発展途上国であり、依然として発展途上国であり、依然として発展途上国であるにもかかわらず、未だ開発されておらず貧困国であるという誤解を生む世界で最も豊かな国々。

あなたがこの記事と下記のボーナスファクトを気に入っていれば、あなたも楽しむことができます:

  • ワード "暗殺者"がどこから来たか
  • 「フェーズ」と「フェーズ」の違い
  • 単語「Whence」が通常正しく使用されない
  • それは "ただの砂漠"ではなく "ただのデザート"
  • ディスクリートとディスクリートの違い

ボーナスの事実:

  • フランスの人類学者、アルフレッド・ソーヴィー(Alfred Sauvy)は、1952年8月14日にフランスの雑誌L'Observateurに掲載された記事で、「第3世界」という言葉が最初に登場した。彼の引用は、第三世界は何もない、そして何かになりたい」第三財産は、フランス革命の間、第一財産と第二財産であった司祭と貴族にそれぞれ反対するフランスの庶民であった。しかし、彼が実際にその言葉を造語したのか、あるいはそれが既に共通の演説で「第一世界」と「第二世界」を使っていた政治指導者連合によって以前造語されていたかどうかに関する多少の論争がある。
  • 貧しい人々や未開発の国を指す言葉としては、「開発中の世界」や「大多数の世界」があります。後者は遊園地のようなもので、前者はビデオゲームで楽しいもののようです。これらの用語が「第三世界」の誤った使い方を大衆と捉えていないのも不思議ではありません。
  • 1974年には、「国家境界」にまたがる民族国家を指すことを意味する、「第四世界」と呼ばれる別の類似の用語が作られました。
  • 「第一世界」と「第二世界」という言葉は、ソビエト連邦崩壊後の使用から事実上消滅した。

コメントを残します