チベット人の修道士は瞑想を通じて肌の温度を上げることができます

チベット人の修道士は瞑想を通じて肌の温度を上げることができます

今日私はいくつかのチベットの修道士が瞑想を通じて自分の肌の温度をコントロールできることを知りました。具体的には、足の指先から測定した肌の温度を華氏17度まで上昇させることができることが示されていますが、コアの温度は通常のままです。

ハーバート大学の科学者は、1979年にハーバードを訪れたダライ・ラマのおかげで、最初にこの修道士を勉強することができ、修道士に連絡をとって彼らを勉強させてもらうことに同意しました。続いたのは、1980年代のヒマラヤ山脈の遠隔修道院への一連の訪問でした。

修道士達は体温を正常に保ちながら表面温度を上げることができるだけでなく、Sikkim(インド)のグループで代謝を64%低下させることができることも発見しました。これがどれほど驚異的であるかについての見通しについては、睡眠時に代謝が10-15%しか低下しません。

科学者たちはまた、ヒマラヤの岩礁で一晩中過ごした修道士を文書化するチャンスを得た。修道士たちは、断熱材を使わずにシンプルなウールの服を着て、お互いから離れた寒い岩の上で寝ました。標高は15,000フィートで、眠っていると気温は華氏0度に達しました。明らかに快適でした。彼らが身に着けていた冷たい岩の上に寝そべっているだけの断熱材で、修道士を殺したはずです。しかし、彼らはすべて罰金だったし、カメラは彼らをいつも震えさえしなかった。彼らは目を覚ましたとき、静かに歩いて彼らの修道院に戻った。すべてが束ねられて朝まで凍っていた科学者とカメラのクルーとは違って、寒さに気づいていないようだった。

僧侶がどのように熱を発生させるかはまだ分かっていませんが、僧侶の脳の磁気共鳴イメージングスキャンでは、「脳全体との血流の顕著な差」が示されています。 「同時に、脳の特定の領域がよりアクティブになりました。特に、注意力や血圧や代謝などの自律機能を制御する領域が活発になりました。

火星への移動などのミッションでNASAにとって、皮膚温度を上げて代謝を大幅に低下させることで、極低温低酸素環境下で自らを維持する能力は、特に有用です。彼らの宇宙飛行士がこれを行うことができれば、そのような航海に必要な酸素とエネルギーの量を大幅に減らすことができます。 *キュースペースモンク*

コメントを残します