単語 "魔女"がどこから来たか

単語 "魔女"がどこから来たか

今日私は単語 "魔女"がどこから来たかを知った。

「魔女」という言葉は、古英語の単語「wicca」と「wicce」(それぞれ男性と女性の形)に由来します。これは後に "ウィッカ"や "ウィスカ"と同じ意味を持つ中英の "ウィッチェ"になりましたが、男性と女性の両方を指すのに使われている性別を区別しませんでした。しかし、時間の経過とともに、「ウィッチェ」を使用して男性を参照することは、「ウィザード」、「ウォーロック」、「ソーサラー」などの同義語に置き換えられることは少なくなりました。

16世紀になると、スペルは「ウィッチェ」から「ウィッチン」に変わり、この言葉は現在でもまだ女性を指すためにほとんど独占的に使われていました。しかし、ウィッカン宗教では、もう一度男性と女性の両方を指すために「魔女」を使用するのがやや一般的です。しかし、この場合、彼らは単に「ウィッカの支持者」を指すために魔女を使う。

"wicca"と "wicce"という言葉の起源は完全には分かっていませんが、言葉自体はもともと「賢明なもの」を意味していたと考えられています。古英語におけるこれらの言葉への最初の言及は常に占いその予知に基づいて "教える"ことができます。

他のハロウィーン関連の事実:

  • 「ハグ」という言葉は、「魔女や怒り」を意味する古英語hægtesseに由来します。
  • 魔女衣装は、2009年のハロウィーンで大人のために販売された第1位の衣装でした。それは、プリンセスのようにドレッシングアップすることは子供のための第2位でした。
  • 「カボチャ」という言葉は、「メロン」という意味のギリシャ語の「pepon」に由来しています。
  • カボチャのドレスアップは大人のためのトップ10を作っていませんでしたが、2009年のハロウィーンでは子供のために5番に登場しました。
  • ハロウィンに関連したカボチャの彫刻は、シェルツ(ハロウィーンの伝統の多くが出てくる祭り)の間に悪霊を避けるためにケルト人が使用する方法に由来します。ケルトたちはカブを中空にし、その中に顔を彫刻して中にキャンドルを置きます。カミソリはその後、悪霊が家に入るのを防ぐために窓に置かれるか、またはランタンのように運ばれた。この伝統は、最終的に北アメリカのカボチャの伝統と融合しました。この時点で、ハロウィンが普及する前に北米で栽培されていたカボチャの彫刻は、ほぼ独占的にハロウィーン(19世紀頃)と結びついていました。
  • キャンディトウモロコシは、砂糖、コーンシロップ、釉薬、卵白、ハニーグリセリン、ミネラルオイル、ワックス、塩から成り、着色が加えられています。キャンディトウモロコシには約6カロリーが入っています。約2000万ポンドのキャンディトウモロコシが毎年販売されており、その大部分はハロウィーンのために購入されている。 Candy Cornは、Wunderlee Candy CompanyのGeorge Renningerによって1880年代に発明されました。
  • 今までに最大のカボチャの世界記録は、2010年10月9日のスティルウォーター・ハーベスト・フェスティバルで記録されたウィスコンシン州ニューリッチモンドのクリス・スティーブンスによって栽培された1810.5ポンドです。前回の世界記録は、教師クリスティ・ハープ、彼女のカボチャは1725ポンドで体重を計る。それ以前は、ペンシルベニア州ノースカンブリアのラリー・チェックトンによって2005年10月1日に記録された1469ポンドのカボチャでした。これらのタイプの巨大カボチャは1日に40ポンドを追加することができ、その約90%が水です。

コメントを残します